STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • PEOPLE
  • グローバル事業領域の新入りプロフェッショナルにインタビュー 【中編】

PEOPLE

グローバル事業領域の新入りプロフェッショナルにインタビュー 【中編】

April 26,2018

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

みなさま、こんにちは!

グローバルセグメント所属のケンケンとタンタンです!

 

先月「グローバル事業領域の新入りプロフェッショナルにインタビュー」の前編を紹介させて頂きましたが、今回は中編をお届けいたします!

 

【前編】3/23UP

  1. 自己紹介
  2. 今までの職歴

▼こちらのリンクよりお読みいただけます。

https://blog.istyle.co.jp/post/7824

 

【中編】本日UP

  1. アイスタイルグループのの入社理由
  2. 現在の仕事内容

 

早速本題に入りましょう♪

タンタン:先月インタビュー前編にご協力いただきありがとうございました!本日も皆様のお時間を頂きありがとうございます!今回は皆様のアイスタイル入社理由と現在の仕事内容をぜひヒアリングさせて頂きたいです。
皆様々な業界で経験してきて、きっといろいろ貴重なノウハウを持っていらっしゃるのだと思います!アイスタイルでそれを活かされてご活躍されることと思います。

それでは、皆様がアイスタイルを選んだ理由を教えて頂けますか?

 

林さん:まず、3つのことを考えていました。
一つ目は海外の仕事を開発サイドではなく、事業サイドとして手掛けたい。
二つ目はすでに出来上がった組織ではなく、これからグローバルを伸ばしていくぞ、というフェーズの会社かどうか。
三つ目は海外にあまりないサービス、ビジネスをコアに持っている会社かどうか。

これらを軸に転職先を探していましたが、アイスタイルはマッチしていると思いました。また、前に一緒に働いていた先輩もたまたまアイスタイルで働いていて、飲みながら話を聞いた時に、社風もいいかもなと思いました。 

あと、開発から事業サイドへのチェンジの機会を認めてくれるのもいいなと思いました。

 

隋さん:日本のIT企業として中国で事業を展開する際、スピード感と柔軟性が非常に大事です。そういうベンチャーに近い気質が、私がアイスタイルを選択した主な理由となります。

グローバル事業開発本部 隋 震宇

村上さん:大きい理由としては三つあります。

一つは、前職のドラックストアの出店経験を経て強く思った、スピード感を持った海外展開と、純粋にお客様を見つめての事業運営が当社では実現できると思ったため。

二つめは、以前から実現したかった今後の小売業態の主流となるオムニチャンネルを、店舗だけではなくWebやECも既存事業としてある当社なら、実現ができると思ったため。

三つめは、当社役員である菅原さんや遠藤さんの人柄に魅せられたため。ちなみに、丹羽ノリポーン、ラファ、香港駐在の山本ユウキも入社前から知り合えました(笑)。

 

王さん:物流の枠を超えた、より川上もしくは川下に近い部分で携わりたいという思いがあって、アイスタイルトレーディングでそれが実現できると思ったからです。さらに、海外、中華圏へ向けた化粧品輸出で多くのことに携われると感じました。

株式会社アイスタイルトレーディング 王何 石卉

山縣さん:Webも化粧品も未経験だったのですが、Web関連でtoCのビジネスに関わりたいと思っていました。エージェントに紹介され翌日が面談という時に、たまたま主催の友人に誘われ参加したアクセラレータープログラムで当社代表の吉松さんがメンターされていることを知りました。信頼する友人がメンターとして選ぶ位だから、間違いが無いのだろうと思ったこと、イノベーションに興味のある社長さんなんだな、という印象を持ちました。

グローバル事業開発本部に興味を持ったのは業務の幅が非常に広いこと、今まで外国から日本を見ていたのですが、ようやく外向きの仕事が出来ると思ったことです。会社研究をしてみたら消費者として見ていたら気が付かないビジネスモデルの面白さが見えてきた事が決め手ですね。面談はどなたと話をしても楽しかったと記憶しています。

グローバル事業開発本部 山縣 晶子

タンタン:多くの会社の中からアイスタイルを選んでいただき、本当にありがたいです。これから素敵なみなさんと一緒に頑張って、新たなアイスタイルを作っていきたいです!頑張りましょう~

では、現在の仕事内容ついて簡単に紹介していただけませんか?山縣さんからお願いしてよろしいでしょうか?

山縣さん:グローバル事業開発本部で、新しくアイスタイルの仲間となった会社の管理をしています。現在は、マレーシアでEC事業を行っているHermo社を担当しています。とにかく業務の幅が幅広く、日々勉強ばかりですが楽しいです。日々やり取りをしている相手は20億円近い売上を上げている会社のマネジメントメンバーです。いかに彼らを尊重しながら共に成長できるか?本社とは言え、出来るだけ上から目線にならない様に気を付けているつもりです。一緒に成長していくワクワク感を共有出来たら良いなぁと考えています。

 

林さん:グローバル事業開発本部にて、アイスタイルのグローバル戦略に賛同してくれて、一緒に手を組んでくれる海外のパートナー企業開拓をしています。候補企業のリストアップから、絞り込み、コンタクト、交渉、締結までの一連の流れをやっています。まだ入社2か月で全行程できていないですが(笑)。先方のことを知る、という側面とアイスタイルを知ってもらう、賛同してもらう、という両側面あるのでキャッチアップに悪戦苦闘しております。開拓エリアはASEANを中心にその他、世界中でしょうか。毎日が発見および学びで大変ですが、充実しています。

グローバル事業開発本部 林 靖之

隋さん:主な仕事は二つあります。まず、一つは昨年アイルタイルグループの仲間に入った台湾企業i-TRUE社に対して、両国のノウハウを活かし、シナジー効果を出せるように、現地チームと連携し、プロジェクトを企画・実行・管理しています。また、当社海外戦略のメイン市場の調査、新規事業企画、現地法人の支援などの仕事も担当しています。

 

村上さん:入社から3か月間の日本滞在中に@cosme store及びアイスタイルのその他事業を勉強し、4月からタイに駐在しています。

着任後は当社初となる海外合弁会社istyle Retail (Thailand) Co., Ltd. (略称iRT)の設立、操業開始に向けた各種環境整備がメインの仕事内容となります。

この環境整備には様々な案件が含まれており、それらは↓

①設立前の準備:

銀行口座開設、各種事業ライセンス登録、事務所スペースの確保、外部委託業務及び企業の選定、雇用契約及び就労規則などの作成、組織図構築および各ポジションの職務記述書作成、求人案内および採用活動など

②店舗立ち上げの準備:

商品代理店及び大手ブランドタイ販社などのお取引先様への挨拶および事業コンセプトの紹介、店舗設計及びディベロッパーとの折衝、カテゴリー本数やレイアウト決め、POS/発注/在庫管理/社内基幹システムなどの決定、ポイントシステムを含めたCRM設計、WebやFBなどのオウンメディアのプラニング、合弁相手との協業体制に関してのすり合わせ及び各部門責任者たちとの関係構築、競争優位性及び参入戦略の再検討、アイスタイル本社との会計処理等の調整などなどが含まれます。

多岐にわたるタスクを少人数で遂行していく苦労はございますが、両株主の援助を受けながら着実に前進し、アセアン初出店を無事達成するべく努める所存です。

株式会社コスメネクスト 村上 勇仁 (今タイで駐在して事業立ち上げを頑張っています!)

王さん:日本国内のメーカー様から商品を仕入れて、商談、契約書締結、アイスタイルチャイナ(中国現地法人)、台湾、香港、タイの現地担当者への商品紹介、ヒアリング、各調整などのMD業務をしています。習得しなければいけないことが多いですが、様々なバッググラウンドの方に囲まれて毎日がとても刺激的です。

 

みなさま、グローバル領域で活躍しているプロフェッショナルの方々の入社理由と仕事内容を聞いて、少しでもアイスタイルグループおよびグローバル事業をご理解頂けましたでしょうか?

 

いろんなことを経験してきた方々だからこそ、本当にアイスタイルグループのグローバル戦略を良く理解してくださって、言葉で語ることができますね!アイスタイルグループで何を実現したいのか?グローバル領域だけでなく、アイスタイルグループ全体に対して、どこが気に入っているのか?。。。については次回のブログで深掘りしましょう!

ぜひお楽しみに♪

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

ページトップへ