STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • PEOPLE
  • アイスタイルグループ18卒内定者ブログ【座談会03:18卒内定者からみたアイスタイルグループの魅力とは?】

PEOPLE

アイスタイルグループ18卒内定者ブログ
【座談会03:18卒内定者からみたアイスタイルグループの魅力とは?】

March 22,2018

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

はじめまして!

アイスタイル内定者の小林由季とコスメネクスト内定者の村山紗菜です。

内定者によるブログ第四弾です! これまでの記事は下記からぜひご覧ください!

——————————————————–
【アイスタイルグループ18卒内定者ブログ】
連載1回目 18卒内定者ってどんな人たち?(記事はコチラ
連載2回目 座談会01:18卒内定者の学生時代と就職活動 (記事はコチラ
連載3回目 座談会02:18卒内定者の憧れの社員と将来やりたいこととは?(記事はコチラ
連載4回目 座談会03:18卒内定者からみたアイスタイルグループの魅力とは?今回はココ!!
連載5回目 3月公開予定
——————————————————–

「アイスタイルグループのことをもっと知りたい」という19卒就職活動生のみなさんのお手伝いができればと、アイスタイルグループ18卒内定者の就活ストーリーをお話する座談会を計三回開催しました。今回は第三回目座談会の様子をお届けします!

*アイスタイルグループ内定者って…?*

これまでもご説明しておりますが改めて…

アイスタイル・コスメネクスト・アイスタイルキャリアの3社の内定者を「アイスタイルグループ内定者」として、内定式や入社式、入社時研修などを合同で行い、その後、各社に本配属されてからもアイスタイルグループ全体の価値を最大化すべく切磋琢磨していきます!アイスタイルは@cosmeを中心とした美容総合プラットフォームの企画・運営を行っております。また、コスメネクストはアイスタイルグループの中で@cosmestoreの店舗企画開発・運営事業を担っており、アイスタイルキャリアは@cosme careerなど人材領域のサービスを担っております。

第三回目座談会のテーマは、『18卒内定者からみたアイスタイルグループの魅力とは?』です!

 

◆事業・仕事の魅力

◆環境・文化の魅力

◆人の魅力

 

座談会をする中で出てきたこの3つの観点から、アイスタイルグループの魅力が伝わればと思っています。これまでの座談会と合わせて、更に理解を深めてもらえればとても嬉しいです!

■座談会参加者プロフィール

【写真左から】

①川原嬉生 (以下:川原)

東京農業大学地域環境科学部/アイスタイルキャリア内定者

②木村衛 (以下:木村)

専修大学商学部/アイスタイル内定者

③小林由季 (以下:小林)

早稲田大学人間科学部/アイスタイル内定者

④村山紗菜 (以下:村山)

高崎商科大学短期大学部/コスメネクスト内定者

■事業・仕事の魅力

まず、アイスタイルグループの魅力について幅広く語ってもらう中で、事業や仕事内容の魅力が見えてきました。

 

木村)私は、それぞれの業界において基盤となる仕組みを作り上げている会社に興味がありました。興味を持ったきっかけは、就職活動中に参加したアイデアソンです。「どのような会社が業界における基盤を作るか」という課題が出され、その課題と深く向き合った経験から、 世の中のインフラやプラットフォームを作り出している会社に興味を持つようになりました。そして消費者の声や商品データなどを集め、それらのデータを軸としたプラットフォームを作っているアイスタイルグループに興味を持ちました。

 

私が考えるアイスタイルグループの魅力は、2点あります。まずは「ビジネスモデル」です。アイスタイルは、ビューティプラットフォーム戦略(http://www.istyle.co.jp/business/)という事業戦略のもと、多様なビジネスを展開しています。このプラットフォームは、消費者が自分に合った化粧品と巡り合うことを可能とするだけでなく、クチコミを始めとしたデータを企業に届け、よりよい商品やサービスづくりの土壌になっています。消費者視点から事業を作り出すアイスタイルのビジネスモデルは、非常に透明性があると思います。2点目に、「幅広い事業内容」です。私は起業などにも興味があり、自分の実現したいことを達成するための力を身に着けたいと考えています。そのためには、能力を高める事と人徳を磨く事が必要だと思います。多種多様な事業や職種があり、様々な経歴と価値観を持った方達が働くアイスタイルグループでは、その力を身につけられる環境があると思い、非常に魅力的でした。

 

川原)かなり深いところまで見ていたみたいだね。

 

木村)最初はアイスタイルグループの事業への理解が全くなかった。非常に幅広い事業内容なので。

村山)だからこそ座談会を通して、なかなか就活生には見えづらいアイスタイルグループの魅力や事業内容が伝わればいいよね。

 

小林)そうだね!村山さんはコスメネクストに魅力を感じたのはどういった流れだったの?

 

村山)私は、様々な企業を調べていく中で出会った会社がコスメネクストでした。コスメネクストが運営している@cosme storeが、様々なメーカーの商品を扱っているお店だと知り興味を持ちました。そして、説明会に行った際に”自分のやりたい仕事ができるのではないか”と思い、魅力に感じて選考を受けることにしました。

小林)自分のやりたい仕事って、具体的にどのようなことを考えているの?

 

村山)@cosme storeで開催されているイベントなどにとても興味があります。@cosme storeではお客様がもっとお店に遊びに来たくなるようなきっかけづくりのためのイベントがたくさん開催されているんです!店舗ごとにLINE@を活用したお客様への情報発信をしているんですが、できるだけ早く、そのようなイベントに携わったりしたいなと思っています。”生活者中心の市場創造”を目指すアイスタイルグループで、お客様が納得して商品を買うことができるお店づくりをしたいです!

 

……ここまで話してくれた内定者の二人は、

 

1.アイスタイルグループの事業が多岐に渡り、且つ、透明性があること

2.生活者中心の市場創造というビジョンに根付いた仕事ができること

 

上記がそれぞれの軸や、やりたいこととマッチしており、魅力を感じていたようですね。

■環境・文化の魅力

話しを進めていくと次にアイスタイルグループの環境や文化の魅力が出てきました。

 

小林)川原さんはアイスタイルキャリアのどのような点が魅力的だったの?

 

川原)アイスタイルキャリアの「環境」に非常に魅力を感じています。事業内容だけではなく、自分がどのような仕事を行っているのかを自分の家族や周りの人々に胸を張って言えるかどうかということが、私の就職活動の軸になっていました。自らの仕事に誇りを持つためには、会社で働いていく中で、自分で意思決定をする機会が数多くあり、それを元に行動できる環境が理想的であると感じていました。アイスタイルキャリアは、まさにそのような環境です。

 

村山)小林さんは?

 

小林)私は「自分の頑張り次第でどんどん成長していくことのできる環境」が魅力的だと思います。上司と近い距離で働ける環境であると感じたので、経営の仕組みや考え方を目の前で学んでいけるとも考えています。また、就職活動の時に他の会社で、女性の意見が企画などに反映されにくいということを耳にしたことがありました。しかしアイスタイルグループは、「女性としての目線を大事にしている文化がある」ことも魅力だと思います。それは結婚した後の復帰のしやすさにも反映されていると思います。

 

村山)そこは、女性としては本当に嬉しいよね。それに加えて私は、アイスタイルグループには同期やグループ会社同士の「横のつながりを大切にする文化」があることも魅力的だと思っています。内定式までは、店舗勤務の私たちが本社勤務のアイスタイルグループ内定者と話す機会があるとは全く思っていませんでした。しかし、内定式の日の交流企画で決まった、このブログ記事執筆などの内定者企画を通し、入社前から全員で目標に向けて団結していく過程に携わり、同期の横のつながりは非常に強くなっていると感じました。この団結力は、会社の雰囲気の良さにも繋がってくると思います。

 

木村)確かに内定式の時より打ち解けてきたなっていう実感はあるね!

小林)横のつながりに関連することなのだけど、私は”意識を高く持っている人と同期になりたい”とも考えていました。アイスタイルグループは、大人数の採用でないため同期全員の顔と名前が一致します。だからこそ、誰かが意識高く頑張っている時に「自分も頑張ろうと思えるような深い関係作りができる」環境も魅力だと思います!

 

……ここまで、環境や文化面での様々な魅力が登場しましたね。皆さんも自分が理想とする環境に近しいものは感じられたでしょうか。これまでの座談会でも、環境について話していた内定者も多かったので、是非過去の記事も含めて参考にしてみてください!

■人の魅力

最後に、アイスタイルグループで働く人という観点での魅力について話しました!

 

川原)私は、選考の一番最初にお話しした、アイスタイルキャリアの社長には特に惹き付けられました。アイスタイルキャリアの現在の核となっているサービスである@cosme careerをアイスタイルグループのリソースを使って新規事業として作り上げたことからも分かるように、ゼロからイチを作り上げる能力の高さをとても感じました。そのような人を巻き込む力や何かをやりきる力が高い人にマネジメントしていただけることが非常に魅力的でした。また、”川原さんのここがいいよね”などと声をかけてくださる方であり、社内でも馴染めるように「今年の内定者には、こんな人がいて…」と紹介して下さいました。入社してからどんな人と仕事をするのか見えたことはとても大きいです。社長や部長との距離が近く、フィードバックをきちんともらえる会社に入りたいと思っていたため、そのような環境であるアイスタイルキャリアが理想的だと思いました。

村山)その気遣いは本当に素敵だね。木村さんはどう?

 

木村)私は、OB・OG訪問サイトやインターンなどを通して100社ほどの企業や社会人訪問をしていく中で数多くの魅力的な人に出会い、最終的には「人」を就職活動の軸にしていました。そこから、自分にとって魅力的な人はどんな人だろうと考えるようになり、自走している人こそ魅力的であるという結論に辿り着きました。自分で目標設定をして、自分で切り開いていく人がかっこいいなと感じます。アイスタイルグループは、自分で設定した目標を達成するために必要なことを考え、行動に移していく方が多く、優秀な方が集まってきていると感じました。また、人の魅力に加えて、軸となるサービスを持っており、そこを基盤にして幅広く事業展開していくこの会社に魅力を感じました。

 

川原)選考中に出会った社員さんの頭の回転の速さに驚いたって前に言っていたよね。

 

木村)そう、常に二手先を見て話していることに本当に驚いた。

 

小林)人の魅力で言うと、村山さんも言っていたように、内定者企画などを通して、入社前から同期同士の繋がりやお互いの理解が深まっていっている実感があるよね。多種多様な背景を持った同期のことを知るにつれて、皆がさらに魅力的に見えるし、切磋琢磨できる良い仲間に恵まれたなと感じています。

 

木村)それは本当にその通りだと思う。みんな親しみやすいし(笑)。

 

一同)間違いないね(笑)。

 

 

……これまで見てきたように、魅力的な先輩社員さんや同期とのつながりが強く、それがアイスタイルグループの大きな魅力の中の一つとなっているようですね。

 

今回は、3つの観点からアイスタイルグループの魅力について話を進めてきましたが、いかがでしたか?就職活動をする中で自分の軸や大事にしたいこととの共通点は少しでもありましたでしょうか?今回で内定者同士の座談会記事は最後となりますが、これまでの座談会記事を通して、多種多様なアイスタイルグループの魅力を学生のみなさんに感じてもらい、それが就職活動のヒントになっていれば嬉しいです!

 

次回は18卒内定者による最後の連載記事です。ブログ中にも何度か出てきた”内定者企画”の全貌を公開する予定です!そちらもぜひご覧ください!

 

各社の採用情報はコチラ!

・アイスタイル:https://fresh.istyle.co.jp/

・コスメネクスト:http://istylecareer.cosme.net/cosmestore-recruit

・アイスタイルキャリア:https://istylecareer.cosme.net/corporate

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

ページトップへ