STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • PEOPLE
  • アイスタイルグループ18卒内定者ブログ 【座談会02:18卒内定者の憧れの社員と将来やりたいこととは?】

PEOPLE

アイスタイルグループ18卒内定者ブログ
【座談会02:18卒内定者の憧れの社員と将来やりたいこととは?】

March 6,2018

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

初めまして!アイスタイル内定者の佐藤遥とアイスタイルキャリア内定者の濱西冴月です。

内定者によるブログ第三弾です!

 

——————————————————–
【アイスタイルグループ18卒内定者ブログ】
連載1回目 18卒内定者ってどんな人たち?(記事はコチラ
連載2回目 座談会01:18卒内定者の学生時代と就職活動 (記事はコチラ
連載3回目 座談会02:18卒内定者の憧れの社員と将来やりたいこととは?今回はココ!!
連載4回目 座談会03:3月公開予定
連載5回目 3月公開予定
——————————————————–

 

「アイスタイルグループのことをもっと知りたい」という19卒就職活動生のみなさんのお手伝いができればと、アイスタイルグループ18卒内定者の就活ストーリーをお話する座談会を計三回開催しました。今回は第二回目の座談会の様子をお届けします!

 

*アイスタイルグループ内定者って…?*

前回の記事でもご説明しておりますが改めて…

アイスタイル・コスメネクスト・アイスタイルキャリアの3社の内定者を「アイスタイルグループ内定者」として、内定式や入社式、入社時研修などを合同で行い、その後、各社に本配属されてからもアイスタイルグループ全体の価値を最大化すべく切磋琢磨していきます!アイスタイルは@cosmeを中心とした美容総合プラットフォームの企画・運営を行っております。また、コスメネクストはアイスタイルグループの中で@cosmestoreの店舗企画開発・運営事業を担っており、アイスタイルキャリアは@cosme careerなど人材領域のサービスを担っております。

 

第二回座談会のテーマは、『憧れの社員と将来やりたいこと』です!

 

18卒内定者が選考中に感じたアイスタイルグループ社員の魅力

18卒内定者がアイスタイルグループで挑戦したいこと

 

この2つのエピソードを通して、アイスタイルグループの社風や幅広い事業について感じ取ってもらえればと思います。これから本選考を迎える皆さんに、自分との共通点や共感点を見つけてもらい、アイスタイルグループで働く具体的なイメージを持ってもらえれば嬉しいです。

参加者プロフィール

【写真左から】

①四宮愛佳以下四宮

東京農業大学国際食料情報学部在学/コスメネクスト内定者

②濱西冴月以下濱西

常葉大学造形学部在学/アイスタイルキャリア内定者

③加藤彩夏以下加藤

共立女子大学文芸学部在学/アイスタイル内定者

④佐藤遥(以下:佐藤)

文教大学情報学部在学/アイスタイル内定者

⑤栗原卓威以下栗原

立教大学社会学部在学/アイスタイル内定者

選考中に印象に残った社員や憧れの社員は?

多種多様な背景を持っている内定者だからこそ、アイスタイルグループに入社を決めた理由には、「ビジョンへの共感」や「事業の多様性」、「お客様第一の接客ができる」など、多くの要素があります。その中でも今回は、入社の決め手の1つとして第一回座談会でも話題になった「社員の人柄」にフォーカスしてみたいと思います。選考中にも、社員とお話できる機会をたくさんいただきましたが、その中で印象に残った社員についてまずは話してみました!

 

濱西)私はアイスタイルキャリアの社員さんですね。私が会社に入ってやりたいことが明確だったこともあり、1次面接の際にアイスタイルキャリア代表の辻堂さんが「君がやりたいことをやっている社員を紹介した方がいいね」と言って紹介してくださいました。辻堂さんとの面接後、1時間ほどその方とのお話の機会をいただいたのですが、私自身が持っていた、「働くことや就活はこれから変わっていった方がいいのではないか?」という問いや、信念的に社会に対して感じている部分に対し、真摯に聞いてくださいました。ミッションの話も、私自身が非常に共感できる部分が多くて、印象に残ったんです。お話が終わった最後にこの社員の方から「今すぐ一緒に働きたいくらいだけど、アイスタイルキャリアに入らなくてもいいよ。いや本当は入って欲しいけど(笑)そのかわり約束してほしいことがあって、あなたには絶対に妥協をしないでミッションがある会社で働いて欲しい」と言われたんです。その時に私は「絶対にこの人と一緒に働こう」って強く感じたんですよね。

 

四宮)コスメネクストの選考では、店舗で実際に働いている店長さんと二次面接があったのですが、その時に面接してくださった店長さんが印象に残っています。私の話を常に笑顔で、親身に聞いてくださって、人柄がとても良い方だと思ったのと同時に、直感的にこの人の下で働きたいと思いました。その店長さんは、私がお客さんとして初めて行った店舗で働いていたのですが、その店舗全体の雰囲気や働いているスタッフさんたちの印象もとても良かったんです。消費者としての視点で見たときに店頭ディスプレイもすごく見やすかったので、このような店舗を作っている方だと思うと、憧れの気持ちは強くなりましたし、自分自身もこんな人になりたいと思いましたね。

 

加藤)私は人事の方が印象に残っているかな。あんなに親身になって話を聞いて下さる方は他のどの会社を探してもいなくて、いまだにメールを見返しても泣けてくるようなやりとりをしていて、いい方に出会えたなと。私の人生を考えてアドバイスをして下さって、「別にうちじゃなくていいんだよ」って、本当にお互いにとって幸せな選択ができるようにしたいという気持ちがすごく感じられた。あとは面接で一度お会いした女性の方がとにかくかっこよくて、こういう女性になりたいなと思ったんだよね。部長とかマネージャーとか多くのポジションを経験されていて、本当にこの人の下で働いてみたいと思えるくらい、それが面接の何分かでもわかるぐらい印象的だったな。

佐藤)私も人事の方なんですけど、最初にアイスタイルを知ったきっかけもその方だったので、多分その方と出会ってなかったらこの会社を受けてなかったかもしれない。面談を通して自分でも知らなかった自分の良さや考えに気づかせてもらったのでとても印象に残っています。もう1人、選考途中に紹介していただいた方が印象に残っています。その方は、自分の希望をはっきりと言って、そのための挑戦として異動をしていたんだけど、「この会社は社員のやりたいことや想いを尊重し、挑戦させてくれる会社なんだな」と思いました。自分もその人のようにありたい姿を想像しながら仕事をしていきたいと思ってすごく憧れています。

 

栗原)僕は選考やOB訪問で出会った社員全員が印象に残っているんですが、全員に共通点があるなと。それぞれ違うキャリアや目標を持っているのだけれど、アイスタイル全体のビジョンやミッションを共有していて、同時に皆さん自分の会社がすごく好きなんだなっていうのがバシバシ伝わってきて、いいなぁって思いました。

加藤)全員に共通しているけど、人柄に惹かれたことや親身になってもらったことが大きいし、多いよね。

 

濱西)ミッションを掲げて取り組んでいる人が多くて、私も一緒に頑張りたいって思った!

……今回の座談会メンバーに共通していることとして、それぞれが就職活動の中やインターンシップの中で、自分の憧れや「自分もこうなりたい」という社員を見つけていました。親身になって向き合ってくれる人たちがいる、その熱に突き動かされるメンバーがいるとても魅力的な場所がアイスタイルグループです!

入社してやりたいことは?

内定者が今、どういうビジョンを描いているのか、自分の未来の姿について話しました!

 

栗原)入社してやりたい事は、営業部で企画提案をすること。ですが、それだけでなく様々な仕事にチャレンジしてみたいです。アイスタイルグループは市場を創造する企業であり、かつ@cosmeと言う大きなプラットフォームを持っているからこそ幅広い事業や職種があります。配属される部署それぞれで経験して得たことが、どのように自分の将来につながっていくのか考えながら、楽しく真摯に仕事に取り組みたいです。

 

佐藤)私は@cosmestoreの運営や店舗開発をやりたいな。きっかけはアルバイト先の店舗のリニューアルオープンに携わったことで、お客様のことを考えて0から1を作るのが面白いと思ったから。あとは、商品の発注業務を任される機会があって、そういったときに、お客様が本当に求めているものを置きたいっていう思いがあった中で、本社から提示された全店舗統一の方針でやらなきゃいけなかったことに違和感を持った自分がいたからかな。生活者の声をクチコミとして集めてそれをサービスとして反映させていくというアイスタイルの事業を知って、生活者が本当に求めているものを提供する方法はこれだって思いました。

加藤)私はこれじゃなきゃ嫌だということが特になくて、何でもやりたいと思ってる。いろんな部署、仕事がアイスタイルにはあるからこそ、何でもできるし幅が広がるということにも魅力を感じています。グループ会社も沢山あるから、多分早い段階で色々な事に挑戦させてもらえるチャンスがあると思うし、アイスタイルが向かっているビジョンやその方向性にとても魅力を感じたから、そのゴールに近づけるなら、何でもさせていただきたい位の気持ちでいて。社会人として営業職も経験してみたいし、留学していたからグローバル系の仕事にも挑戦してみたい。キャリアを積んでから、それを活かして海外で何かできるならいつかやってみたいと思う。

 

四宮)私は@cosme storeの店舗で働くので、まずは最速で店長になりたいと思っています。3年位で。その目標は明確にあって、その後の目標としてはまだ漠然としているんだけど、地元の横浜に今@cosmestoreがないので、新店舗の立ち上げに携わって、それがその地元横浜だったらいいなと思っています。

栗原)化粧品の販売をやりたいと思った時に、メーカーじゃなくてコスメネクストを選んだ理由って何か気になる!

 

四宮)自分の化粧ポーチの中を見たときに、すべて同じブランドやメーカーのものに揃えていることはないと思っていて…みんなもそうじゃないかな?だからこそ本当の意味でお客様の立場に立って「運命コスメ」の提案をしたいと思った時に、1つのメーカーやブランドに限定して商品をお勧めするのではなく、様々なメーカーを横断して柔軟に商品のご提案ができるという点が、コスメネクストでしかできないと感じたことが大きいかな。あとは、実際に@cosmestoreにお買い物に行った時に、店舗スタッフの人にお肌の悩みを相談したことがあるんだけど、カウンセリングを丁寧にしてもらった後、そのスタッフさんは店舗で取り扱っていない商品も提案してくれて、実際にその商品を購入できる場所まで教えてくれたんだよね。自分の店舗の売上とかではなく、本当にお客様にとって良いと感じるものを嘘偽りなく紹介するというのがコスメネクストの考えなんだと、その時すごく感動したのを覚えているなぁ。そういうところに惹かれて、私はコスメネクストに入社することを決意した!

 

濱西)私は新しい就職活動とか働き方のスタイルを作っていきたいな。そう思うようになった理由として、ゼミのメンバーと「逆就活(学生が自分の能力を企業に見てもらって、内定獲得につなげるイベント)を目的としたオープンラボ」を開催した体験があったんだ。私自身ずっと「今の就職活動って時代にマッチングしてないよなぁ…」と考えながら就職活動をしていたので、そのイベントでIT系の人事の方たちにフィードバックをもらったことで、「就職活動生や働く人の視点に立ってキャリアサービスを考えたいな」と思うようになったんだ。アイスタイルキャリアにエントリーしたきっかけも、社長面談から始まる就活スタイルって面白いな、だったし。なので、時代とニーズにあった就職活動が考えられると嬉しい。あとは社内でハッカソンとかやりたい!できるなら!

 

……このように、18卒内定者はそれぞれ、仕事面においての意欲が高く、自分なりの目標を持った上でこれから働いていこうとしています!内定者の多種多様な目標から、アイスタイルグループには幅広い事業と、それに挑戦できる環境があることが伝わっていましたら幸いです!

 

第三回座談会の記事も公開予定なので、ぜひご覧ください!

 

各社の採用情報はコチラ!

・アイスタイル:https://fresh.istyle.co.jp/

・コスメネクスト:http://istylecareer.cosme.net/cosmestore-recruit

・アイスタイルキャリア:https://istylecareer.cosme.net/corporate

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

ページトップへ