STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • PEOPLE
  • 【若きエースに聞きました!vol.2】公の為に働ける人間になりたい!!

PEOPLE

【若きエースに聞きました!vol.2】
公の為に働ける人間になりたい!!

June 27,2018

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

《アイスタイルグループに興味を持ってくれている就活生のお役に立てれば!シリーズ第3弾》

 

皆さんこんにちは!!18新卒の渥美遼一です!(^^)!

前回、佐藤さんが執筆していた【若きエースに聞きました!vol.1】の続編で、今回もアイスタイルグループで活躍する若きエースをご紹介します。

 

紹介する方は、新卒入社3年目の『大森 仁嗣』さんです!!

現在、ブランドパートナー本部ブランドプラットフォーム推進部(化粧品ブランドを中心としたクライアントが持つ課題に対して、@cosmeのデータベースから見出される事実や仮説をもとにマーケティング戦略を提案する部署)に所属していて、化粧品ブランドへの営業を担当しています。

 

バリバリの関西人で、いつも心地よい関西弁でその場を和ませてくれる優しくて面白い先輩です。

そんな大森さんとは、入社前の内定者懇親会で初めてお会いし、入社してからもお世話になっています。

いつかこんな先輩になれるように僕も日々研修に励んでいます。

 

今回、このブログで大森さんを紹介したいと考えたのは、より就活生と年齢が近く、自分が働く姿をイメージしやすい社員を紹介したいと思ったからです。よく「3年目」は節目の年と言われますが、正にその3年目を迎え、所属する部署で大活躍されている大森さんが今まで歩んできたキャリアや、これからの目標などを伝えていけたらと思います。また、それを通して、アイスタイルグループに興味を持ってくれている就活生のみなさんに、当社で働く社員についてより理解を深めて頂けたら嬉しいです。

 

 

目次――――――――――――――――

1.就職活動と入社理由

2.入社後の仕事(1年目~3年目)

3.将来の目標

4.実際に働いてみての心境の変化

5.就活生のみなさんにメッセージ

――――――――――――――――――

1.就職活動と入社理由

就職活動をするにあたって企業選びの軸などありましたか?

僕の場合、「公の為に働ける人間になりたい」っていうのが大前提にあって、その具体的な目標として、いつか自分が生まれ育った西宮の「市長」になりたいんです。そう思うようになったのは、大学時代にあった神戸市長選挙で、何かしたいと感じ、若者の投票率向上プロジェクトを立ち上げたことがきっかけです。実際に立候補者を見ていると、この人達は自分のため以上に他人のために働いているし、それが実際に世の中のためになっていて、自分の将来像と一致していてかっこいいと思いました。いつかそういう人間になりたいと感じました。そこで、自分だったら、どういう市長になりたいかを考えたときに、ビジネス的視点をもっている市長になりたいと思いました。市長に求められるのは「限られた資源、限られた資金の中でどんな事業をしてくか」など、どこかビジネスに似ているなと。それで一般企業での就職活動に励むことにしました。また、社会に大きく価値貢献出来る事業を創っていきたいという気持ちもありましたし、「三つ子の魂百まで」同様に、社会人3年目までにどんな視点で仕事をするかで社会人人生のベースを決めるとも考えていたので、働き方や大事にしている考え方が自分の価値観と一致する会社に入りたいと思っていました。

 

その中でアイスタイルグループに入社をした決め手などはありますか?

入社前も入社後も変わりませんが、Visionに共感しています。「生活者中心の市場を創造」を実現するための事業を創り、マーケットをデザインしていきたいと思っています。最終的な決め手は、この会社の人たちと一緒に働きたいと思ったことです。1人の大学生に対して、かなりの時間を投資してくれたことが嬉しかったし、また同時に責任を感じました。だからこそ個人として成長して、会社をもっともっと成長させることに貢献したいなと思いました。

 

アイスタイル=化粧品っていうイメージが世間的には強いと思いますが、男性という一般的には化粧品と接点が少ない立場で不安はありましたか?

不安はもちろんありましたが、化粧品市場は国内外共にとても面白く、まだまだ成長する可能性を秘めていると思っていたので、楽しみでもありました。僕自身はメイクをするわけではないですし、一時的に触れることは出来ても毎日化粧品を使っている女性には敵わない部分はあります。なので3年目になった今でも不安はあります。ただ、それを気にしてアイスタイルグループで働くのをあきらめるのはもったいないです。ユーザーではないからこそ、変な先入観もないですし、知らないことを常に自分の知識として取り込んでいけるという楽しさもあります。自分自身が知らないことなので、「自分はこう思う」ではなく、「ユーザーさんはこう思っている」と素直に受け止めることができ、毎日新しい学びの連続です!!

2.入社後の仕事(1~3年目)

実際に配属されてからこれまでのお仕事を教えてください!

1年目の最初はひたすら新規営業(テレアポやブランドに対して@cosmeの活用方法の提案や広告プロモーションの提案など)をやっていました。この期間は本当にうまくいかなかったです。全然アポイントが取れなくて…。同期はしっかりアポイントを取っていて、ただただ悔しさを感じていました。段々とアポイントは取れるようになって営業に行き始めたけど、たいした収穫がなく、何してんのかなと考えたこともありました。でも、目の前のことを1つ1つクリアして、できることを増やしていくしかないと割り切れたことや、1人で仕事をする機会が多かったから、自分で考えて自分で行動するという癖が自然とついたのは良かったです。その次に先輩のクライアントの広告案件のディレクションを担当して、記事構成やターゲット決めなど様々な業務をやっていました。ここでの経験ですごく成長できたと思います。それを経て、今は約20ブランドのクライアントを担当しています。内容としては、ブランドが持つ課題に対して、@cosmeのデータを活用し、事実や仮説をもとにマーケティング戦略の提案をしています。

 

配属されてから大きく成長した経験はありますか?

先輩とマンツーマンでクライアントの進行担当(クライアントの広告案件のディレクションなど行う)をしていた時期は大きく成長することができました。成長できた点は2つあって、1つ目は、複数視点で仕事をすることを意識出来るようになったこと。クライアントもそうですし、先輩社員の表情や言動からどういう背景があるのかを考え、推測し、行動することができるようになりました。最終的にはアポイントの際に、先輩が次に何を話したいかが全部わかるようになってましたね(笑)2つ目は、たくさんの仕事を任せてもらえたので、業務量が多く大変ではありましたが、限られた時間の中でどう成果を出すのかを考えて行動できるようになったことは大きな成長であったと感じています。

 

逆に壁にぶつかったな~と思う経験はありますか?
正直日々上手くいかないことの連続で、壁にぶつかってばかりです。というか、自ら壁にぶつかりにいってるかもしれないです。最初に壁を感じたのは、さっきも話した自信満々だった配属当初に全然アポイントが取れなかったことです。でも、その経験を早い段階で出来たことは今考えればよかったと思っています。今の自分の実力を受け入れて、「できひんのはしゃーないやん。じゃあどうする?」と思えるようになれた機会でした。

3.働く中での心境の変化

入社してから1~3年目を通して心境の変化などありますか?

幸いなことに、たくさんのことに挑戦させてもらっていることはすごく感謝しています。その経験を通して、物事を判断していくときに、会社としてどうするべきなのか…という視点を持てるようになったのは心境の変化だと思います。「アイスタイルグループとしてどうあるべきか」「その為に自分はどう貢献していくのか」と常に会社を自分事化して考えるようになりました。そうすると自然ともっともっとプロフェッショナルにならなければ…という思いが沸くようになりました。例えば、毎日同じコンディションで出勤するのもプロフェッショナリズムの1つだと思いますし。まぁ全然できてないんですけどね(笑)ただ、もっと自分もこの会社を背負っていくんだというような気概を持ち、アクションを起こさないといけないと考えています。

 

アイスタイルグループに入って良かったなと思うことを教えてください!

挑戦を応援してくれる人や環境があることはすごく素敵だなと思います!!「お前はどうしたいの?」と聞いてくれる先輩方が多く、早いタイミングからたくさんのことに挑戦させてもらっていることはすごく感謝しています。大きなクライアントや新しい取り組みをメンバーとしてやらせてもらう機会があることも、良い点かなと思います。会社全体でみると、まだまだ改善の余地があることや、やらなければならないことがあるだろうなと思っていて、でも、それって伸びしろがたくさんあるということでもあるので、そういった可能性を感じられる会社だというのも入って良かった点かなと思います。

4.将来の目標

今後・仕事における目標を教えてください!

将来像でいうと「社内外で信頼される人材になりたい」と「会社の顔として恥じない人材になりたい」と考えていますし、常に意識して仕事をしています。今の目標は、「所属部署の営業組織チーム全体の営業力向上の為に自分に出来ることをする」ことです。

5.就活生のみなさんへ

就活生へのメッセージをお願いします!

就活を単なる会社選びではなく、自分自身の仕事や生き方を考え、選択する機会にしてほしいです。決めることはとても難しいし、大変なことだけど、悩んで悩んで悩み切って自信を持って決断してほしいと思います。会社に選ばれることを考えるのではなく、自分で選んでいるんだという自覚を持って就職活動に励んでほしいです。楽しみながら頑張って下さい!!

みなさん、いかがでしたでしょうか。

アイスタイルグループで活躍する大森さんの仕事に対する熱い気持ちが伝わったでしょうか。

 

仕事をするにあたって、一緒に働く「人」っていうのは本当に重要なことだと思います。

また、入社してからも強く感じています。そんな一緒に働きたくなるような人がアイスタイルグループにはたくさんいます。なので、少しでも興味を持っていただけたらぜひアイスタイルグループ新卒採用サイトからご応募下さい!!

 

次回は、僕たちの採用担当だった田中大介さんについてご紹介する記事をお届けします。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

アイスタイルグループの新卒採用について、興味をもった方はこちらもぜひご覧ください▼

・アイスタイル:https://fresh.istyle.co.jp/

・コスメネクスト:http://istylecareer.cosme.net/cosmestore-recruit

・アイスタイルキャリア:https://istylecareer.cosme.net/corporate

 

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

PROFILE

04

Atsumi Ryoichi

コーポレートコミュニケーション室(OJTT研修中)

武井壮に憧れ、日々トレーニングに励み中。
最近では美容にも敏感になり、先輩社員から教えを受けています。
特に体質改善のために、食事管理や毎日ルイボスティーを飲んでます(笑)

2

Omori Masashi

株式会社アイスタイル ブランドプラットフォーム推進部

新卒入社3年目。化粧品メーカーを中心としたマーケティングプランナーとして多くのクライアントを担当。
趣味はテニスとサッカー観戦
好きな漫画は「キングダム」「宇宙兄弟」

ページトップへ