STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • COLUMN
  • 美容PR直伝!美肌塾【夏だけじゃない?!UVケアの重要性】

COLUMN

美容PR直伝!美肌塾
【夏だけじゃない?!UVケアの重要性】

August 29,2017

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

みなさん、はじめまして&こんにちは!メディア・グローブ(MG)ブログ担当わさびちゃんです。夏も終盤を迎えた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

突然ですが質問です!

みなさんはこの夏、「UVケアは完璧だった!!」と声を大にして叫べますでしょうか??

夏の終わりのこの時期だからこそ知ってほしい、❝UVケアの真実❞

夏に最も力を入れるのはUV!という方は少なくないと思います。と同時に、夏が終わると手を抜きがちなのもUVケアなのではないでしょうか?さらに、もともと色黒の人は「今更ケアしてももう黒いし。。。」と諦めたりしていませんか??夏が終わったから、もともと色黒だから、という理由でUVケアを疎かにしてはいけません。

 

大切なのはなぜUVケアが必要なのかをきちんと理解すること。紫外線がもたらす影響は、ただ肌の色を黒くすることだけではありません!肌は紫外線を浴びると乾燥し、ターンオーバーは乱れシワ、シミ、くすみといった肌の老化の大きな原因となります。今は目に見えなくても確実にあなたの肌にダメージを与え、5年後、10年後の肌状態へ大きな影響をもたらします。

 

今回は、メディア・グローブイチ白く透き通った肌を持つ西村さんに、美しい肌を手に入れるためのUVメソッドを解説していただきます!

西村「みなさんこんにちは。メディア・グローブの西村です。今回は私のUVメソッドをみなさんにご紹介させていただきます」

 

西村流UVケア術その一:白く美しい肌を目指すなら、まずはUVを極めましょう。

夏も終盤ですが、みなさん、どんなUVケアをしていますか?夏はどうしても素肌が紫外線を直接浴びてしまいますから、しっかり全身に日やけ止めをぬりますよね。私は夏はもちろん365日、常にUVケアをしています。透明感のある美しい肌を目指すなら、まずは徹底的に紫外線から肌を守ることが大切です。

 

雨や曇りの日でも紫外線は降り注ぎ、室内でも窓から紫外線は入ってきます。紫外線をしっかりブロックするために、外を歩くときは必ず日傘をさすこと。家の中でさえも紫外線が入ってこないよう窓ガラスにはUVカットフィルムを貼って万全のUV対策をしています。紫外線が当たってると思うと、どうも気持ちが落ち着きません。

▲UV対策に日やけ止め効果のあるフェースパウダーを!こまめにぽんぽんぬり直し。

 

 

秋に向けて、夏の日差しでダメージを受けた肌を回復するために、美白ケアに取り組む方が増えてくると思います。

もちろんそれも大切ですが、紫外線は浴びてしまう前にケアすることが重要。そして、夏の期間だけではなく、一年を通して常にケアをすることが大切です。

 

是非、秋・冬・春のUVケアも意識してみてください。その時のポイントは、UVケアをスキンケアと切り離して考えるのではなく、UVは洗顔後のスキンケアの一部としてとらえること。化粧水、乳液でお肌を整えたら、その流れでUVもぬる。それを習慣づけましょう。

 

また、UVと聞くとSPF50・PA++++の最高値をぬっておけば大丈夫、と思っている方も多いと思うのですが、家にいるときやあまり紫外線が強くない日は、そこまで高い数値でなくても大丈夫。保湿クリームのような感覚で、スキンケアの仕上げに使ってください。今はスキンケアクリームでもSPF値のあるものがあり便利です。ちなみに私が使っているUVアイテムはこちらです。使うシーンや場所、肌のコンディション、そして外出時の持ち歩きのものなどその時々によって使い分けています。

SPF値のあるスキンケアクリームは、朝のスキンケアの最後に。メイクの下地には一本で紫外線カットでき、ベースも仕上がる色付きのUVを。また、日やけどめはぬり直しが何よりも重要なので、パウダータイプのものなど、メイクの上からでも簡単に使えるものがおすすめです。さらに夏場はハンドクリームにもUV効果があるものが便利です。しっとり保湿をしながら、指輪や腕時計の跡が残らないよう日やけをケアします。

 

西村流UVケア術その二:進化し続ける多機能UVクリームで、あらゆる刺激からお肌を守りましょう。

最近のUVアイテムはいろいろと進化をしていて、紫外線から肌を守るというのは当たり前。プラスαの機能を兼ね備えています。特に2017年は環境ダメージから肌を守る機能がついたものが多く発売されました。大気汚染、近赤外線、花粉やブルーライトなど、私たちが日常でさらされる肌ストレスの原因にアプローチしてくれるので、より一層スキンケア感覚で肌に対して総合的にアプローチできるアイテムが増えてきていることが最近のトレンドです。使い心地も年々改良され、昔は「白浮きする」、「肌がキシキシ感じる」、「専用のクレンジングでないと落ちない」というイメージも多かったと思いますが、今の日やけ止めクリームは本当に使いやすいテクスチャーのものが多いです。

 

また、あらゆる原因から多角的に肌を守ってくれるだけでなく、その形状は様々。クリーム、ジェル、パウダーなど用途に合わせて使い分けられるのもポイント。体の中からのアプローチに効果的なのはビタミンをとることもおすすめですよ。吸収率がよく体にとどまるものを選んでみてください。

 

西村流UVケア術その三:目指すのは、顔全体が輝くトレンド肌。

先ほどテクスチャーの話がありましたが、サッと肌にのびて顔全体にムラなくぬれる、実はこれも重要なポイント。なぜなら、最近はくすみをなくして顔全体が健康的に輝く肌がトレンドとなっているからです。そのため、UVの後の美白アイテムにも変化が出てきています。

 

以前の美白アイテムは、シミを薄くする、メラニンの生成を抑える、といった一点アプローチ型のものが多かったのですが、現在は顔全体をトーンアップするアプローチへと変化しています。UVと美白は切っても切り離せないもの。トレンド肌を作るためにも、しっかりと紫外線をケアし❝美白しやすい肌❞づくりを意識してみてください。

 

紫外線を浴びて乾燥した肌は古い角質がたまり、角層が分厚いゴワゴワ肌に。これでは、スキンケアをしてもうまく肌へ浸透していきません。逆に、うるおった肌は代謝もよくターンオーバーも正常に機能します。「UV」「美白」「保湿」と、それぞれ個別のスキンケアとしてとらえがちですが、すべてトレンド肌をつくるために必要なステップなんです。

西村流UVケア術その四:美肌は一日にして成らず。今のケアが未来につながっています。

さて、ここまでUVについてお話してきましたがいかがでしたか?早いうちからきちんとUVケアをすることは、きれいに歳を重ねるために必要なものだと私は思います。清潔感や上品さは、お肌の印象からくるのがとても大きいと思うので、未来の自分のためにも、「今しっかりケアしてあげること」が重要ですね。毎日の積み重ねを意識して、私も日々のケアに取り組んでいます。皆さんもぜひ、365日UVケアにトライしてみてください。

以上、西村さんによる美肌塾でした!

 

美肌のためにはUVが重要で、それは未来の肌を守る先手必勝のエイジングケアだったんですね!夏が終わって緩みがちなUVケア。でもこれからは、紫外線がもたらすダメージを意識し直して、一歩進んだスキンケアしてみませんか?未来の輝く自分のために。

 

 

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

PROFILE

プロフィール

株式会社メディア・グローブ

PRマネージャー
美しい白い肌と波打つようなロングヘアーがトレードマーク。
国産ナチュラルコスメからインポートブランドまで様々なブランドを担当中。

IMG_9837

株式会社メディア・グローブ

MGブログ担当。
今回のブログ取材を受けて、今後徹底的なUVケアを目指していく所存。

ページトップへ