STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • EVENT
  • 20卒採用【iAcademy2020】開催レポート~前編~ 「日本発、世界で勝てるビジネスモデルとは?~プラットフォーム戦略を学ぶ、ワークショップ講座~」

EVENT

20卒採用【iAcademy2020】開催レポート~前編~
「日本発、世界で勝てるビジネスモデルとは?~プラットフォーム戦略を学ぶ、ワークショップ講座~」

February 7,2019

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

こんにちは、アイスタイル新卒採用チームの安江です!

 

2018年11月14日(水)から12月6日(木)にかけて、学生向けのビジネスセミナー【iAcademy2020】を実施しました!

iAcademyとは、学生のみなさんに「本気でビジネスの魅力を伝えたい!」という想いから企画された、“より高いビジネスインテリジェンスを身に着けていただくためのセミナー”です。

2017年に初開催し、大好評をいただいたので、今回第2弾を開催することになりました。

 

▼2017年初開催(iAcademy2019)の様子はこちらから!

前編後編

 

今回は前回の内容をさらにアップデートし、ビジネスの最前線にいる経営者による全6テーマのセミナーを用意しました。

【外コン出身創業社長登壇】世界中に新たな市場を創る、データドリブン経営とは(株式会社アイスタイル 代表取締役社長 CEO 吉松 徹郎)

グローバル事業昨対倍増の立役者、アイスタイルCFOが語る「海外で勝ち続けるために必要なこと」(株式会社アイスタイル 取締役 CFO / グローバルセグメントSVP 菅原 敬)

コンサル×会社経営者が語る、「伸びる業界」「伸びない業界」の見極め方(株式会社アイスタイル SVP / ビューティサービスセグメント責任者 遠藤宗)

日本発、世界で勝てるビジネスモデルとは?~プラットフォーム戦略を学ぶ、ワークショップ講座~(株式会社アイスタイル SVP / オンプラットフォームセグメント責任者 濱田 健作)

次世代の「Beauty×EC」日本一を目指す若手経営者が語る、国内EC市場のポテンシャル(株式会社アイスタイル AVP 兼 株式会社コスメ・コム 代表取締役社長 本橋 未来)

外資系企業を渡り歩いてきた人事責任者が考える、”勝ち続ける組織”の見極め方(株式会社アイスタイル VP ヒューマンリソース本部 本部長 鈴木 敬介)

各回テーマに沿って、中で働いている社員でも聞く機会が少ない、事業やビジネスモデルのコアな話がたくさん飛び出しました!

そんな貴重な話を、イベント内だけで留めておくのは惜しいので・・・全6テーマの中から2テーマをピックアップし、前編・後編で開催レポートとしてご紹介します!

 

今回の前編では、【日本発、世界で勝てるビジネスモデルとは?~プラットフォーム戦略を学ぶ、ワークショップ講座~】をご紹介。

世界の名だたる企業の多くが参入しているビジネスモデルであり、アイスタイルの事業の肝でもある“プラットフォーム”について、その特徴や魅力を、ワークショップを交えながら学んでいく内容でした。

プラットフォームビジネスの魅力はもちろんのこと、アイスタイルのビジネスモデルの優位性や、世界No.1を目指せる可能性を感じていただける内容かと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!

プラットフォーム=人が集まり、参加する場

セミナーの初めに、まずプラットフォームの定義についてお話しいたしました。

 

「人が集まる場を定義して、その人たちが参加すること自体が価値となる、さらに参加者の増加に伴い価値が大きくなる」これがプラットフォーム。ただ単純に「集まる」だけでなく、「参加する」ことが重要で、メディアとの違いはここが大きいとのことでした。

 

言葉だけではイメージ持ちづらい人もいるだろう、ということでいくつか事例を出しました。

ビジネスモデルは違えど、各社定義を満たし、プラットフォームを実現させています。企業名は伏せますが・・・みなさんイメージわきますよね?

※答えを知りたい方は20卒向け会社説明会で・・・!

 

注目したいのは、世界を席巻する名だたるIT企業が、こぞってプラットフォームビジネスに乗り出しているということです。「なぜ多くの会社が参入しているのか」「なにが魅力なのか」という点について、この後話が続きました。

結論としては、プラットフォームビジネスの企業にとっての最大の魅力は、「人が集まる場」を持っているからこそ様々な方面にビジネス展開が可能であるという点とのこと。

 

ここで、言葉で聞くだけでなく自ら考えることで理解を深めるために、ワークが入りました。

テーマ:「自らが考えるプラットフォーム企業を中心に置き、4つの収益モデルそれぞれに当てはまるサービスを埋めてみよう!」

チームごとにディスカッションを進め、最後は全体でチームごとの答えをシェアし合いました。

私自身、想像していたよりも学生の皆さんから出てくる答えが多岐に渡っており、世の中にプラットフォームビジネスが溢れているということ、それだけ魅力的なビジネスモデルである、ということを改めて実感させられました!

プラットフォームの側面から見たアイスタイル

最後に「アイスタイルが展開するプラットフォームとはどんなものか」「どんな強みを持っているのか」という点について、プラットフォームビジネスを成功させるために重要な要素4つを挙げた上で、お話いただきました。

文字だけで全てを理解するのは難しい部分もあるかと思いますが・・・

アイスタイルのビジネスの可能性・将来性を、少しでも感じていただけたら、ぜひ20卒向け会社説明会にお越しください♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

ページトップへ