STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • PEOPLE
  • @大阪オフィス セールスプランナーの新任マネージャーにインタビューしてみた。

PEOPLE

@大阪オフィス セールスプランナーの新任マネージャーにインタビューしてみた。

July 10,2020

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

こんにちは、HRBP部で中途採用を担当する小坂です。(部署名変わりました!)

現在アイスタイルでは、大阪オフィスのセールスプランナーの採用をがっつり進めています。

そこで、大阪オフィスの様子や業務をしっかり私も聞きたい!と考えて、ブランドパートナー部西日本グループマネージャーの植村にインタビューを実施しました。せっかくなのでその内容をブログにして皆さまに公開させていただきます。

 

上記大阪ポジションの面接選考には、マネージャーの植村も参加予定です。弊社の大阪オフィスの様子やブランドパートナーとしての業務内容、そして一緒に働く植村がどのような人か?が気になる方はご一読いただけますと幸いです!

 

株式会社アイスタイル ブランド事業本部ブランドパートナー部西日本グループマネージャー 植村

 

大学卒業後、新卒でOA機器の営業を経験。その後、ウェディングメディアを運営を行う企業に
転職。同社で広告営業担当として従事した後、2014年にアイスタイルに転職。入社後一貫して、コスメブランドの
マーケティング活動を支えるブランドパートナーとして従事。大阪オフィスで就業を開始。一時東京
本社でも就業。2019年に大阪オフィスに戻り、今期からブランドパートナー部西日本グループマネー
ジャー。

それでは、インタビュー開始!

※インタビュー内容は2020年6月時点のものです。(弊社も当然リモートワーク絶賛推奨中で)ZOOMで実施しました。

*************************************************


小坂:今日は宜しくお願いいたします。まずは改めてですが、植村さんがアイスタイルにご入社された経緯からお伺いしてもよいでしょうか?

 

植村:はい、私は前職でウェディングの広告営業を元々していました。挙式に関するメディアを保有する会社でブライダルの会社さんに広告を掲載しませんか?という提案営業ですね。ただ、3年、4年と経つうちに、段々提案の幅の狭さやもどかしさを感じるようになってきました。式場のお客様の困ったはたくさんあるのですが、どうしても集客領域にしかなかなか貢献できないなと…

 

もっと色々な提案ができる営業は無いかな、と思って当時紹介されたのがアイスタイルだったんです。

 

小坂:なるほど。

 

植村:ぶっちゃけアイスタイルの求人を見たときはアイスタイルもあまり提案の幅って広くないのでは?と思いながら面接に臨んだので、さほど志望度も高くなかったんです(笑)ただ、面接の場で商材やサービスの豊富さ、営業先であるブランドとのコミュニケーションの様子を聞いて、これはブランドさんのマーケティング領域であればめちゃめちゃ広く提案できそうだな、と。

 

小坂:そこは入社して実際どうですか?

 

植村:各ブランドさんの課題もそれぞれかなり違いますし、それに対応する商材・サービスも広くあるので面接の場で期待した通りでしたね。自分次第で提案の幅は無限だなと。

 

小坂:実際営業時の提案資料とか見せてもらうと数十ページってざらにあったりしますもんね。では、ここからは大阪オフィスならでは、のところもお聞きしたいと思います。

植村さんは東京での勤務経験もありますが何か違いはあるのでしょうか?

 

植村:基本的にはブランドパートナーとしてのミッションや役割は全く変わりません。クライアントとなるブランド様のマーケティング活動をアイスタイルが保有するあらゆるサービスを使って支援していく、ことがミッションになります。違うのは、支援するブランドさまの拠点が東京か、東海以西*1にあるか…だけではないでしょうか。

 

私は、東京勤務時代にもいわゆるナショナルクライアントと呼ばれるようなブランドさまを担当させていただきましたが、関西に拠点を置くそうしたブランドさまも化粧品業界は多くあるので、そういう意味でも拠点における違いは少ないのかもしれません。

 

*1…植村の所属する西日本Grは東海以西のブランドさまを担当する営業組織になります。

 

ただ営業の仕方やスタイルは東京・大阪問わずですが、担当するブランドの規模やニーズによって動き方はもちろん変わってきます。私は今期10数ブランドを主に担当していますが、過去50ブランド以上担当したこともありました。今大阪のメンバーでそれくらい担当している仲間もいます。これはセールス部門全体としての戦略や方針によって変わってきますが、50ブランドに向き合う動き方と10数ブランドに向き合う動き方はやっぱり違いますよね。

 

小坂:なるほど。ちなみに、現在の大阪オフィス、そしてその中でブランドパートナー部のメンバーは何名の体制なのでしょうか?

 

植村:大阪オフィス全体で20名程度ですね。大阪オフィスには、私が所属するブランドパートナー部以外にもサロン領域*2 の事業を担当するチーム、人材領域*3 を担当するチームもあります。

ブランドパートナー部は私も含めて4名で皆30歳前後のメンバーになります。この4名は皆中途で入社したメンバーなのですが、比較的アイスタイル歴が長い人ばかりですね。

 

*2…@cosme サロンをはじめとしたサロン事業主さまに対してサービス提供するチームです。

*3…@cosme CAREERをはじめとした化粧品業界に特化した人材サービスを提供するチームです。

 

小坂:東京オフィスの社員との連携とかは頻繁にあるのでしょうか?

 

植村:週1で定例のミーティングを東京・大阪も含めた部門全体でオンラインで実施しています。これは数字の進捗を確認したり、という固い場ですがそれ以外にオンラインチャットやグループスレッドでやり取りする機会は非常に多いですね。ブランドさまに提案するにあたって他社さまのマーケティング事例、等を認識しておくのは非常に重要になります。社内にある事例の共有みたいなものは拠点を問わず、かなり頻繁にやり取りをしています。

 

これはアイスタイルグループ全体に言えると思うのですが、オフィスや部署間を問わず、情報を拾いにいく、聞きに行く姿勢を持った人に対してどの社員も真摯に向き合ってくれ、会社全体としての良いところだと私は思っています。

 

小坂:なるほど。それは私も様々な部署と関わる人事という仕事の中ですごく感じます。

 

植村:その他何かプロジェクトを組むとき――アイスタイルはこうした部署間を横断したプロジェクトが多いのですが、例えば私は現在業務改善プロジェクトに入っていますが、こうした際は、東京のブランドパートナーのチームだけではなく、マーケティングや開発のメンバーとも一緒に業務を進めることが多いですね。

 

小坂:ありがとうございます。なんとなく大阪オフィスでの働き方もイメージがついてきました。ちなみに植村さんの代表的な一日って聞いてもいいですか?

 

植村:ちょっと今はリモートワーク中でなかなか<代表的な>が難しいのですが…

 

*********************************************************

【一日のスケジュール】

 

10:00 業務開始!

スケジュール確認&メールチェック対応

※現在はリモートワーク中でほぼ自宅で業務をしています!

 

11:00 朝会

東京、大阪含めブランドパートナー部全体での連絡事項の共有。リモートワークになってから部全体ではじめており、毎朝行っています。

 

11:30 クライアントへの提案資料の作成

※クライアントへの提案は化粧品業界の年間のマーケティングスケジュールに準じて動くことが多いのですが、主な提案時期は、

・クライアントが年間のプロモーションプランを検討する時期

・新商品のリリース等のプロモーション時期

・アイスタイルのサービス・商材を利用した後の成果報告時期…等でしょうか。

 

13:00 ランチ

・(現在はリモートワーク中ですので違いますが)大阪オフィスの周辺は食事処が非常に多いです!…が、ブランドパートナー部のスタッフはお弁当を持参してオフィスで皆で食べることが多いですね。

 

14:00 クライアントへのアポ:タイアップ広告のオリエンテーション

・受注が決まったタイアップ広告の出稿に向けて、広告のコンセプトや発信したい内容をアイスタイルのスタッフと先方の担当者とで打ち合わせを行います。

 

16:00 クライアントへのアポ:定例の報告会

・常時アイスタイルとお取引のあるブランドさまとは定例での打ち合わせ機会を設け、ブランドさまのマーケティングプランのアップデートや直近の課題の共有、アイスタイルの新しいサービス・キャンペーン等のご紹介などをしています。

 

17:30 移動

・オフィス(もしくは自宅)へ移動。

 

18:00 振り返り&課題整理

・オフィスに戻ったら、オリエンテーションの内容や定例報告会であがったクライアントの課題やその打ち手に対して整理。私はクライアントからの依頼事項はとにかくスピード感をもって対応し、常に安心感を持ってもらえるよう意識しています。

 

19:00 明日の準備&TODO確認

・同様にクライアント先に訪問することもあるので、その提案・資料の確認等を実施!

 

19:30 退社!

・提案が重なる時期などはもっと遅くなることももちろんありますが、基本的には19:30頃には業務を終えています。

 

*********************************************************

 

植村:こんな感じでしょうか?

 

小坂:ちなみに…細かいことお聞きするのですが、現在はほぼクライアントとの打ち合わせはオンラインでされているのでしょうか?

 

植村:そうですね。クライアントの方も出社されていないことも多く、ほとんどオンラインですね。

 

小坂:大阪オフィス、は東海以西が担当になりますが出張とかも多いのでしょうか?

 

植村:正直担当するブランドさま次第、ですが東海から九州まで弾丸で飛び回る、みたいなことは全くないですね。

 

小坂:ありがとうございます。よくわかりました!

では、最後に植村さん自身の御話を改めてお伺いしたいのですが、これまでブランドパートナーとして従事してきて一番のやりがいを感じるのはどういうときでしょうか?

 

植村:向かい合うブランドさまやその担当者さまと目的が一緒になったとき…はとても嬉しいですよね。例えば、直近ではアイスタイルでブランドオフィシャルという新しいサービスも始めたのですが、正直クライアントにとっても安価なサービス、ではありません。ただ、担当者さまがその導入効果にはすごい期待いただき、私と一緒になって1年近くかけて部署を横断して説得してまわってくれて…二人三脚でプレゼン内容を考えたりとか。導入が決まったときは、『わー、一緒に飲みに行きましょ~!』みたいになってとても嬉しかったのを覚えています。

今そのクライアントさまはブランドオフィシャルをとても活用してくれていて本当によかったなと。

 

小坂:なるほど。ではもうひとつ。今期からマネージャーになられますが今後、西日本Grをどのようにしていきたい、とかありますでしょうか?

 

植村:自身が初めてマネージャーという立場になるので、その新たなチャレンジをまず頑張りたいですね。特に考えているのは、西日本Grをよりチームとして強固にしていくこと。直近まで西日本Grは組織上は1つのチーム、という体制で動いていませんでした。

私個人としては本当は<チーム>としての可能性がもっとあるのに、と考えていて…今期から西日本Grとして1つのチームに組織上も明確に変わったので、西日本Grからアイスタイルを盛り上げていきたいです

先ほど話したように今いるメンバーはアイスタイル歴が長い人が多いので、我々が主導で積極的に事例を発信していくとか、東京にどんどん増えている新人のスタッフをリードするとかそういうこともできていけたらいいな、と思っています。

 

小坂:ありがとうございます。その新たな西日本Grのメンバーになる方を新たに採用できるよう私も頑張ります。今日はお時間いただき、ありがとうございました!

 

*************************************************

 

最後に…

植村が所属するブランドパートナー部(大阪オフィス)は上記の通り、絶賛一緒に働いてくれるメンバーを募集中です。

求人は、コチラ

※ちなみに大阪オフィスのご紹介はコチラの記事でも。

 

植村は、西日本GrをOneチームとして盛り上げていきたい、との想いから<チームでの協働意欲の高い方、お互いを助け合う意識の高い方>とぜひ一緒に就業したい!と話していました。

 

これから共に大阪からOneチームでアイスタイルを盛り上げていただける方のご応募をお待ちしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

ページトップへ