STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • COLUMN
  • 表彰制度 『7i Award』 をリニューアルしました!

COLUMN

表彰制度 『7i Award』 をリニューアルしました!

December 7,2018

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

こんにちは。組織・人材開発部の神宮寺です。アイスタイルグループでは、毎年7月に全社表彰(7i Award)を行っています。その7i Awardを今年7月に大きくリニューアルして実施いたしましたので、その様子をお伝えいたします!

新・7i Awardのコンセプト

新・7iAwardを設計するにあたり大切にしたことは、”人”(誰が)ではなく、”コト”(何をしたか)を称えるAwardにするということと、その ”コト” の裏側にどんなストーリーがあったのかを伝えていくということでした。

 

アイスタイルグループではこれまでも、「7i Award」という名前で年に1回全社表彰を実施し、年間を通じて大きな成果を挙げた社員や、0から1を生み出した社員などを、合計7名表彰していました。

 

社員数がそこまで多くない時は、お互いの顔と名前、どんな仕事をやっているのかがわかりやすかったので良かったのですが、グループ全体で1000名規模になってきた現在、「具体的にどんな成果だったのか?」「どんな点が評価されて受賞したのか?」が、わかりづらくなってきてしまいました。そのため、身の回りの人以外の人が受賞してもどこか他人事になってしまったり、そもそも受賞に至った実績がどれだけすごいことなのかがわからず、選出に対する納得感も薄くなってしまったり…といった課題がありました。

 

そこで、今回のリニューアルにあたり、Awardのコンセプトを「アイスタイルグループらしい行動をシェアし、称える機会」と定義。

この「アイスタイルグループらしい行動」とは、アイスタイルグループが大切にしている、バリュー「共創の精神」やスピリット「7i」を体現した行動のことです。(バリュー・スピリットについて詳しくはコチラ)

エントリー受付から表彰式までの一連のイベントの中で、これらを具体的に伝えて(シェアして)いけるように設計することで、社員全員が、受賞者のストーリーを追体験し、自分自身の仕事に対する姿勢や取り組み方にも活かしてもらえたらと考えました。

エントリー受付&公開

エントリーを募るにあたり目指したことは、シェアすべきストーリーをいかに多く集めるか、でした。そこで、昨年まで設けていた部署ごとの推薦枠を廃止。誰でも自由にエントリーができるようにしました(他薦も自薦もOK!)。また、”人”ではなく”コト”にフォーカスするという観点から、個人の仕事だけでなくチームでの仕事でエントリーすることも可能となりました。

 

5月の連休明けから、エントリー受付を開始。「部下の取り組みを称えたい!」という上司からの推薦や、「近くで頑張っているあの人の姿勢を称えたい!」という同僚からの推薦、「自分たちのプロジェクトを全社に知ってもらいたい!」という自薦エントリーまで…。海外グループ会社含めて25件のエントリーが集まりました!

 

その25件の公開にあたり大切にしたことは、エントリー案件一つひとつのストーリーをきちんと伝えること。この中から最終的に7i Awardに選出されるのは7件のみですが、選ばれなかったものも含めて、今年1年間に社内でどんな取り組みが実施されたのかをきちんと伝えることで、社内の相互理解を深められればと思いました。

 

エントリー案件が出そろったところで、エントリーに際して提出してもらった【エントリーシート】と【推薦ポスター】を、社内SNSで公開。エントリーシートの内容は選出基準に沿った項目になっており、取り組みの内容や成果、バリューやスピリッツをどう体現していたかが具体的にわかるようになっています。

 

「社内でこんな取り組みをやっていたの知らなかった~!」といった声も聞かれ、相互理解が深まったのではと思います(^ ^)v

 

また、ポスターは出力してオフィス内に掲示しました!それぞれ特徴が出ていて面白かったです♪

受賞発表

その後、経営メンバーによる選出会議で受賞7案件が決定。その発表を7月初旬に実施しました。

 

発表の際に大切にしたことは、やはり「なぜ選出されたのか?」を明確に伝えること。そこで、発表のための動画を作成。その動画の中で社長の吉松から、選出に至った理由をお伝えしました。

動画内の1シーン。ここでは、アイスタイルのバリュー「共創の精神」の中の1フレーズ、「over the border」について触れていますね!

動画はオフィス内のサイネージと社内SNS上で公開しました!

サイネージでの発表の様子。

表彰式当日

そしていよいよ表彰式。7月下旬に開催された全社総会の中で、7i AwardとLike! Award(※後述)の表彰式を実施しました。表彰式のテーマもやはり、「受賞案件のストーリーを伝えること」。受賞者によるピッチ形式のプレゼンテーションと、それを聞いた社員による投票を盛り込みました。

 

また、Awardをより特別感のある存在にしていくために、今回のリニューアルに合わせてAwardのロゴを作成。オープニングムービーやバックボードなども使って、演出にもこだわりました!!

7i AwardとLike! Awardのロゴ

まずはLike! Awardの発表&表彰から。ちなみにLike! Awardについてはまた別途詳しくお伝えできればと思うのですが、簡単に説明すると…。社員間で「称賛」や「感謝」のコメント(=「Like!」)を送り合うことのできる仕組みがあるのですが、その「Like!」をたくさんもらった人やたくさん送った人、多くの人からの拍手を集めた「Like!」を送った人&もらった人を表彰するというものです。

 

これまでは7i Awardの一部として実施していたのですが、7i Awardのリニューアルにともない、今回から独立したAwardとして切り出して表彰することになりました。

今回のLike! Award受賞者のみなさん

そして7i Awardの表彰に移ります。まずは、トロフィーと記念品の授与。

その後は、今回の目玉企画!!受賞メンバー(&推薦者)によるプレゼンテーションを行いました。それぞれ工夫を凝らしたプレゼンで、自分たちの取り組みの成果やエピソードを語りました。

そしてプレゼンの後は、社員による投票でグランプリを決定!スマートフォンを用いて、その場で投票してもらいました。

 

結果、グランプリに選ばれたのは、一連のHello! @cosmeプロジェクトでした!(6月に行われたイベント「Hello! @cosme SUMMER LIVE」のプロジェクトストーリーは、コチラでも公開されています)

Hello! @cosme 企画・運営チームのみなさん

最後に、受賞メンバーで記念撮影♪

受賞されたみなさん、おめでとうございます!

 

7i Award、Like! Awardを受賞したみなさんには、副賞としてクルージングパーティーにご招待いたしました。次回、その様子をお伝えしたいと思います!

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

PROFILE

_MG_1668

kaori Jinguji

株式会社アイスタイル ヒューマンリソース本部 組織・人材開発部

この記事を書いた人。Awardの企画・運営を担当しています。

ページトップへ