STORIES istyle blog

TAG

閉じる

  • TOP
  • PEOPLE
  • 【連載】移動中のタクシーで聞いたあの人のアレコレ~Vol.1:アバンギャルドな○○人!?ギャップ満載の近藤俊太郎~

PEOPLE

【連載】移動中のタクシーで聞いたあの人のアレコレ
~Vol.1:アバンギャルドな○○人!?ギャップ満載の近藤俊太郎~

February 22,2019

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

皆さん、こんにちは!

アイスタイルグループの社外広報を担当している山内です。

突然ですが皆さん、

アイスタイルグループには何名の社員がいると思いますか?

アイスタイル社員は、国籍も年齢も様々。

実は、国内外約1,400名(※)の社員がいます。 ※2019年2月時点

 

「まぁそのくらいだよね」だとか「えっ!そんなにいるんだ!?」と様々な反応をいただくのですが、それもそのはず。

人によって、アイスタイルのイメージが結構違うからなんです。

 

アイスタイルは、”@cosmeのメディアを運営している”イメージを持たれることが多いのですが、実際にはいろいろな顔があります。

アイスタイルの事業領域はメディア・広告だけでなく、小売、人材、海外等、多岐にわたる

 

そのため、様々な専門分野やバックグラウンドをもつ人が入社してきます。

アイスタイルでは、入社研修の際に同期のバックグラウンドを知るためのグループワークを行ったりも。

そんな中、こんな出来事が。

私は職務上、多くの部署の方と関わって仕事することが多いのですが、VicePresidentの近藤(詳しくは後ほど)と、ある仕事に向かうタクシーの中で、今までの経歴を聞いてみたら、プライベートひっくるめて面白いのなんの!!!

こんな面白い方が入社しようと思うアイスタイルってすごいな、と思った程です。

これは皆に発信するしかないでしょ♪

 

ということで・・・

「あの人って〇〇らしいよ!?」移動中のタクシーで聞いたあの人のアレコレ

入社して半年。既に興味深い方がたくさんいることはわかったので連載にします(〃ノωノ)

映えある第1回目は当然、このブログ連載のきっかけとなったVicePresident「近藤俊太郎」です!

近藤俊太郎
株式会社アイスタイル VicePresident、プラットフォームエンゲージメント本部本部長
@cosmeのアプリ開発からコンテンツ企画まで、よりユーザーに満足してもらうためのあらゆる施策を手掛ける。
また、公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団 ディレクターも務める。
詳しくは下記にて…♪

ー近藤さんって、アイスタイル出戻り組と聞いたことがあります。

近藤)そうそう。アイスタイルには2006年に入社し8年ほどいて、そのあと他社へ行き、2017年に戻ってきました。

戻ってきてすぐ、いろんな社員が「近ちゃん近ちゃん~」ってあだ名で呼んで気軽に話しかけるので、僕のことを知らない社員からすると、「この中途社員、何者…!?」って感じだったと思います。笑

 

ーアイスタイルを一度出たのはなぜですか?

近藤)イベント情報をあらゆるSNSから集約して、一元的に閲覧できるイベントキュレーションアプリを作りたかったんですよね。色々な方法を模索したけど、一度独立してやってみよう!ということでイチからアプリを作ることに。

ーあれ、もしやエンジニア的なこともできるんですか?

近藤)そうですね。新卒で入った会社がN社(国内大手家電メーカー)でシステム開発もやっていたので。

 

ーそうだったのですね。にしても、N社とは!あまりまだ近藤さんのことを存じあげない私でも意外な感じがします。近藤さんは、ドメスティックな会社よりもベンチャーとか外資にいそうなイメージです。でも、なぜN社をお辞めになったんですか?

近藤)英語が嫌いだったからです。実は親もN社だったんですよ。それで、親が海外勤務だったので、自分は帰国子女なんです。小学校1年生の時、日本に帰ってきたのですが、帰国したばかりのときは発音とか、何かとちょっと違ったみたいで、それでいじられることが多くて。その影響か、英語自体を嫌いになってしまったんです。

だから、N社に入っても「英語を使う海外駐在はしたくない」と主張していたのですが、案の定、新卒1年目から海外プロジェクトに入れられてインドに駐在することに。

 

ー帰国子女から海外駐在なんて私からしたら羨ましい限りですが、それが引き金に…?

近藤)はい、ちょうど1年目最後の日、3月31日に帰国してきて翌日に辞表をだしました。でも、翌日って4月1日。エイプリルフールで上司に信じてもらえませんでした。笑

 

ーもういちいち面白いです 笑 それでアイスタイルに?

近藤)いえ、アイスタイルの前に3社ほど経験しました。プライベートも大事にしたいな、と思いながら過ごしていました。

 

ーでは、趣味とかおありなんですか?

近藤)実は、私プライベートでやっていることで、その世界ではちょっとだけ有名で、メディアに取り上げていただいたりしているんです。

ー何それ!気になる!知りたいです!

直近では、2018年11月売の雑誌に掲載!その他、テレビ、新聞、ラジオに出演も♪一体なんでしょう~?

近藤)元々は特に趣味といえるものがなくて。そこで、日本の伝統的な文化である「道」のつく習い事を何かやってみたい、と思ったんです。

 

ー剣道、柔道、弓道、書道、茶道、華道とかですよね!もったいぶらずに早く教えて~~~

近藤)そう笑。 その「道」のつくもの全ての体験教室に行ってみて、茶道に決めました。

 

ー茶道ですか!確かに近藤さん姿勢も良いですし想像に難くないですね~!でも、なんで茶道なんですか?

近藤)ありがとうございます。茶道って、お茶をたてるのはもちろんですが、必要な道具がたくさんあるんですよ。

茶器とか茶碗、茶杓(ちゃしゃく)、あとは茶室自体もそうだし、茶室にある掛軸まで。

僕は飽き性なこともありますし、お茶を中心に、色々な芸術が詰まっているところに魅力を感じて茶道にしました。

茶道で使用する様々な茶器

ーそれってアイスタイルがビューティを軸に様々な事業展開をしているのと何か通ずるところがありますね!

近藤)そうですね。アイスタイルに転職したのもそういう魅力を感じたからです。

 

ーそういえば、さっきメディアに取りあげられてるとおっしゃいましたが・・?

近藤)スマホで調べてみて。出てきますよ!

本当にでてきた!

むむっ!?アバババ・・・アバンギャルド茶会!?!?

近藤)びっくりするでしょ笑。でも、茶道の基本は壊すことなく『はじめての茶道・茶会体験をしよう』ということで、同世代の若い人たちが気軽に楽しく「茶道」との接点を持って、体験できる場づくりを目指して活動しています。

ー茶道を習うだけにとどまらなかったのはなぜでしょうか?

近藤)茶道を習い始めて4年ほど経ったころ、外務省の派遣で「日中友好文化使節団」の一員として中国に行ったんです。使節団メンバーは、華道や現代アート、アニメ等さまざまな分野で文化活動をしている人たちで、そのメンバーとホテルの部屋で話していました。

その時に、多くの方が茶道に興味はあるけれど、敷居が高くて手を出しづらいことに気づいたんです。

ー敷居が高いイメージは確かにありますが、同じ芸術をやってらっしゃる方からみてもそうなのですね。

近藤)そうだったみたいです。なので、茶道イベントを自ら開催しようと思いました。

 

ーでも、なぜ”アバンギャルド”なのですか?

近藤)使節団メンバーの多くが「前衛アート」に携わる人たちだったからです。仏語で、前衛=Avant-garde(アバンギャルド)ですから。

さっきも言ったけど、茶道はお茶を中心に、様々な芸術が詰まっている。だから例えば、掛軸だとか茶器に、メンバーの専門分野の前衛アートを取り入れていこうということで「アバンギャルド茶会」としました。

「現代茶会」の様子。場所も、正座じゃないところもアバンギャルド★

ーなるほど。ネーミングから感じる破天荒なイメージとはいい意味でギャップがありますね。だからこそ、伝統を重んじる世界でも受け入れられたのですね。

近藤)そうだと思います。もちろん最初は大変なこともありましたが、今では自分が習っていた裏千家の先生にも認めていただいています。

茶会ならぬ茶BARスタイルも!

ー話は戻りますが、、アイスタイルに戻られたのはなぜなのでしょう?

近藤)アイスタイルをやめてからも吉松さん(アイスタイル代表取締役社長)と度々会っていたのですが、ある時「戻ってこないか」と言っていただいて。「吉松さんがおっしゃるなら」というのと、あとは吉松さんが代表理事を務めるアイスタイル財団に関わりたい、という想いがあったからです。

自分がアバンギャルド茶会で活動しているような身なので、現代アートの助成支援を行っているアイスタイル財団に関わって、現代芸術の振興に寄与していきたいと思っています。

年始には袴で出社してきてくれました♪

アイスタイルの中核である@cosmeについてユーザーさんにより良いものを提供するために最前線で活躍されている中、そのような業務もされていたのですね。また色々聞かせてください~!

 

=======================

皆さんいかがでしたか?

アイスタイルには、元〇〇な人や趣味がすごい人、経歴が面白い人など、他にも沢山魅力的方がいますので、これからも紹介させてください♪

では、また次回お会いしましょう~!

 アバンギャルド茶会につい

てはこちら

公式ページ:http://www.ava-cha.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/avachakai/
メディア掲載情報:http://www.ava-cha.com/category/media

  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • はてなブックマーク

PROFILE

kondo_s_off

Shuntaro Kondo

株式会社アイスタイル

株式会社アイスタイル VicePresident、プラットフォームエンゲージメント本部本部長
公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団 ディレクター
2006年アイスタイル入社、2014年に一度アイスタイルを離れ、2017年に再びアイスタイルへ。
@cosmeのアプリ開発からコンテンツ企画まで、よりユーザーに満足してもらうためのあらゆる施策を手掛ける。
2005年から趣味で茶道を始め、2009年、「茶団法人アバンギャルド茶会」を立ち上げる。
京都大学、東京大学などの宇宙物理学者とコラボレーションした「宇宙茶会」や陶芸家やアーティストと一緒に茶室を造る「ノ貫プロジェクト」などの企画を開催。百貨店やアートギャラリーでの現代茶の湯展示のプロデュースも手掛ける。

52911264_2321467128135267_1887264958358487040_n

Akiko Yamauchi

株式会社アイスタイル コーポレートコミュニケーション室

本ブログの執筆担当。2018年8月アイスタイルに入社し、アイスタイルグループの社外広報に従事。芸術といえば…幼い頃からピアノ・クラシックバレエを習い、中高時代は部活でダンスをやっていたものの、今はひたすら鑑賞側で趣味は散歩、という今日この頃(*_*)

ページトップへ